ホッカイロを早く温かくする方法 ~懐炉!かいろ!カイロ!~

ぽかぽかあったか

 

目次

ホッカイロの仕組み
ホッカイロを早く温かくする方法

1. ホッカイロの仕組み

ホッカイロ

 

鉄が、空気中の酸素と反応して、酸化鉄(水酸化第二鉄)になるとき、熱が出ます。

この化学反応が起こるときに出る熱を有効利用したものが「ホッカイロ」です。

 

日常の生活の中でも、鉄がさびるときには、熱を出しているのですが、

普通は、ゆっくりと反応が進むので、熱として感じることはありません。

 

2. ホッカイロを早く温かくする方法

ホッカイロ2

 

開封したホッカイロに、

酸素を送り込むことで、酸化反応が激しくなり、

カイロの温度も上がっていきます。

 

①開封したら両手でもむ ~モミモミ~

 

酸素が、袋の小さな孔(あな)から、中の鉄粉(てっぷん)に供給され、発熱反応が早まります。

でも、破かない程度に。

 

②素早く振る ~シャカシャカ~

 

シャカシャカ振ってしまうと、カイロの寿命が短くなってしまうとか。

 

③カイロに息を吹きかける ~フーフー~

 

息の中には、およそ20%の酸素が含まれています。

 

…というよりも、

酸素は、

吸う空気に、およそ21%、

吐く息に、およそ18%なので、

 

「空気を吹きかける」と言った方がいいのかもしれません(笑)

 

まとめ

ホッカイロであったかぽかぽか

 

①モミモミ、②シャカシャカは、暖かくなるまでに、5分~10分ほどかかりますが、

③フーフーは、3分程度で温まるようになります。

 

だけど、あまり吹きすぎないように。

酸素が入りすぎると、カイロが長持ちしにくくなってしまいます。

 

およそ30秒が目安ですね。

 

コメント